孔望山紹介

孔望山

よくいらっしゃいました! 孔望奇山を登り、孔子古跡を探し、摩崖彫像を眺め、秦漢文化を読む。 孔望山は有名な国家AAAA観光スポットである。孔子がこの山を登って海を眺めたために、孔望山という名前を付け、全国重点文物保護単位に属する。孔望山は市街と4キロメートルに離れ、標高は123メートルであり、連雲港市で歴史の文化が一番に深いところである。山の中の竜洞庵、杯盤刻石、乗槎亭と「九州第一仏」に呼ばれる孔望山の摩崖彫像群はすばらしく、おすすめである。孔望山の仏教彫像は敦煌石窟の仏像より300... MORE

観光スポット
観光地の文化

銭紹武という彫刻の大家は孔望山彫像が中国芸術の最高追求を表すと言う

2014年、銭紹武という中国の当代彫刻の巨匠は連雲港に着き、孔望山の摩崖造像、及び石象、石蟾蜍を考察した。極めて美しい漢代の造像をよく褒め、「孔望山の石象はわが国の現存の漢代丸彫りで一番大きな造像で、石の元の形を借り、少し彫…MORE

About us|Contact us