観光地の文化
  • 銭紹武という彫刻の大家は孔望山彫像が中国芸術の最高追求を表すと言う

    2014年、銭紹武という中国の当代彫刻の巨匠は連雲港に着き、孔望山の摩崖造像、及び石象、石蟾蜍を考察した。極めて美しい漢代の造像をよく褒め、「孔望山の石象はわが国の現存の漢代丸彫りで一番大きな造像で、石の元の形を借り、少し彫…MORE

  • 竜洞庵、現在残した一番古い海州古城「九庵十八廟」

    海州古城で仏教と道教の建物がたくさんある。時代によって情況は違うが、文字で明確に記したところは六十余りがある。清末民初(清朝の晩期、民国の早期)に、「九庵十八廟」という説があった。海州古城古海州は「淮海東来第一城」という…MORE

  • 孔望山の明朝陳文燭の石刻群

    孔望山景区で人に知られることが少ない石刻群があり、竜洞庵という千年古刹の後ろで、明朝の隆庆年間に淮安府知事の陳文燭が書いた「孔望山」、「聞官台」という题刻は代表として明朝の题刻群である。史料によると、明朝の前は、孔望山は…MORE

  • 東海君を弔う物―杯盤刻石

    孔望山の杯盤刻石は、孔望山の一番高い所に位置し、自然の大石で掘った。刻石は巨大な硯のような形であるので、「硯石」も呼ばれている。大石は長方形を呈し、全長は320cm、広さは200cm、厚さは70-120cmである。巨石の底部に小さい石が三…MORE

  • 君の知らない石蟾蜍

    石蟾蜍は、長さが240cm、広さ220cm、高さ110cmである。戦国秦漢から魏晋まで、蟾蜍はずっと人達に神物と視された。辟邪で、長生きを助け、富貴を高める吉祥の物である。自然力に超える神霊を信奉する人達にとって、災を免れて福を…MORE

About us|Contact us