孔望山紹介

よくいらっしゃいました!

孔望奇山を登り、孔子古跡を探し、摩崖彫像を眺め、秦漢文化を読む。

孔望山は有名な国家AAAA観光スポットである。孔子がこの山を登って海を眺めたために、孔望山という名前を付け、全国重点文物保護単位に属する。孔望山は市街と4キロメートルに離れ、標高は123メートルであり、連雲港市で歴史の文化が一番に深いところである。山の中の竜洞庵、杯盤刻石、乗槎亭と「九州第一仏」に呼ばれる孔望山の摩崖彫像群はすばらしく、おすすめである。孔望山の仏教彫像は敦煌石窟の仏像より300年に早いであり、「中華国宝」に呼ばれる。画面の中に「涅槃」図、「捨身飼虎図」、「叠罗汉」(人間ピラミッド)という曲芸などは、いろいろな形式を通じて、生き生きとして古拙を表し、濃厚な仏教の色彩に溢れる。山の東の龙洞庵は唐朝に建てられた。昔からは竜興寺と呼んだ。庵に唐宋の古柏はうっそうと生い茂っていり、元気で生き生きている。古柏と赤い尼寺の建物が互いに照り映えてますます美しさを増した。一年に一度の「竜洞の雪見祭り」は一千年の歴史が持ち、あちこちの観光客に憧れられる。巧みな竜洞、美しい伝説、歴史意味がありの名人と名残は、「華夏第七十一の福地」という美名が持つという名山は国の内外で好評である。

孔望山は名山であり、聖の山であり、神の山である。観光客は風景の美しさに陶酔し、ここに遊びふけって帰るのを忘れる。文人墨客は山の広い胸に受け入れられ、味わい深い詩を残した。歴史家は悠久な歴史に夢中になり、うまずたゆまず努め、人類文化の足跡がきれいに見えた。

孔望山は中国に属し、世界に属し、山水に熱中し、自然に心から愛する人間に属する。ようこそ孔望山へ、ようこそ海州古城へ、連雲港へようこそいらっしゃいませ!

About us|Contact us