観光スポット
仏教の摩崖彫像

摩崖彫像は後漢に建てられ、今からすでに二千年ぐらい前のことである。主な彫像はがけの自然な形に従って彫った。今残した彫像は110体があり、画面の全長は17メートル、高さは8メートルであり、仏教、道教、菩薩、力士、供養人などという人物の姿があり、釈迦牟尼の物語と仏教の物語を多く描いている。歴史家は「九州崖仏第一尊」と呼ばれた。敦煌石窟の仏像より300年に早いであり、1988年に国家級文物保護単位を決められた。


/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/05dd274525436f615f672f6699a874cb.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/7e2e166d6e256390a56aea7d4b4687b9.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/d8919bf73e66719340738d016bc840c6.jpg

About us|Contact us