観光スポット
石象

石象は後漢に作られ、丸い立体的な彫刻であり、花崗岩という巨大な石の自然の姿によって彫った。全長は480cm、背の広さは350cm、高さは260cmである。象の胸の左に「象奴」を浅く浮き彫っていり、椎髻というまげを束ね、右手で鉤という兵器を持ち、両足で鎖をつけ、漢代で象の芝居が現れた。石象の足元で生き生きとしてハスの花を彫り、「中華第一象」と呼ばれている。

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/b31818ef155de81ba8470f52b40bdfbe.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/6955242a0c85c5f58507d60e49854821.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/04fb95ed3a124b73d60a22564bf82352.jpg

About us|Contact us