観光スポット
竜洞題刻

竜洞は昔に海蝕洞と呼んだ。海水に長年に洗われ、及び後世の人が少し彫るのを通じて形成した。洞口は正方形のように見え、長さは90cm、深さは330cmである。内外の石壁で宋、元、明、清の刻字が24箇所であり、大字は3尺ごろに及び、小さい字は寸余で、篆、隷、草、行の書体が揃った。この中に竜洞の真西と真東という二つの方向に題刻が一番有名であり、王同の篆書体の刻字と林廷玉の「抹字碑」である。

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/ba5387752b602b09c07f63b829ef146e.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/28b61cda3d02f6c778a4cdb4498f6efd.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/be2b5f6d47b92d026c08ca879dbe74df.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/ed4992d86c468a21d42511a510b02e03.jpg

About us|Contact us