観光スポット
石蟾蜍

石象と南北に向かい合い、周りは見渡す限り果てしのない山原である。地面より高く盛りあがった岩を利用し、漢代の丸い彫刻術で彫った。石蟾蜍は長さが約2m、広さは1m、全身に魚のうろこの形をした柄を浅く彫った。腹が丸く、四肢が地を支え、大げさな姿をしている。後漢時代の遺跡であり、今まですでに約2000年に離れた。

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/7b73702a38d1aa3f83fcc2bda5bdb034.jpg

/upload/cache/atlas/image/201611/01/0_0/abf18b55f996e04833745f0813c504a2.jpg

About us|Contact us